FC2ブログ
2013-01- / 12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

2013.01.20 (Sun)

レイトショーの独り言 その31

007 スカイフォール


2013新年第一弾は真打ち 007です。
劇場公開は 私を愛したスパイ(’77)からずっと見ていますが
どんな作風になってもこのシリーズは好きなんですな。

ロジャー・ムーア路線も面白いし、
ちょいシリアスなティモシー・ダルトン(拙者は実は一番のお気に入り)もよろしいし、
ごった煮のピアース・ブロスナンもいけますし。

んで、今のダニエル・クレイブは超~シリアスってところで
敵味方はもちろん、味方同士でも緊張感を伴って接してくれます。
正直今回も特に後半にもっとドンパチを、と思えんでもないですが
それでいて不思議と不満感は無いんですね。
2時間半弱の時間は感じさせなかったですし
それだけ濃厚なドラマ展開ということなんでしょう。
(監督はクリストファー・ノーラン版バットマンを意識したとのこと)

正直単なるドンパチは亜流がたくさんある中では
なかなか差別化は図れないし
2010年代ではこの流れが一番007の存在感を示す事になるのでしょう。

リブートしてからのダニエル・ボンドではQもマネペニーも出てなかったんですね。
全然気が付きませんでした。

あとランダムに
敵のボンドガール死ぬの早すぎ
見方のボンドガール年取り過ぎ
橋の上から落ちるスタント凄すぎ
地下鉄も落ちてくるの凄すぎ
タイトルバックのシンメトリーの意味がわかって凄すぎ

死ぬのは奴らだのワニみたいのが出てきて○
オープニングに007の銃口シーンがないのは×
劇場に歴代のパンフレットの展示があったのは○

やっぱり好きです。007
スポンサーサイト



00:29  |  002  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |