2012-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.11.15 (Thu)

レイトショーの独り言 その29

009 RE:CYBORG


サイボーグ009といえば
一番最初に出くわしたのが少年マガジン連載の地底王国ヨミ編。
小学校一年の時でっせ。
のっけから伏線が張り巡らされストーリー展開もバッチリ決まった
完成度の高い、作者石森章太郎曰く009SAGAの完結編。
ここからこのシリーズを見れたのは幸せでした。

時は流れて45年。


昔からのファン、及び新しい鑑賞者の両方を満足させるのは
ワイルド7の項でも申しましたが
なかなか難しいんですよね。これが。

しかも原作者ですらまとめきれなかった未完作天使編を
現代世界情勢に合わせてアレンジし120分以下にまとめるという
伸身月面宙返りひざ抱え裏十時固め
ブレーンバスター並みの超ウルトラZ難度に挑戦するという
神山健治監督の心意気が物語的には見事に着地失敗となった
一作を見に行きました。



とはいってもビジュアル的にはすごくかっこよかったですし

エンディングがようわからん、とか
一部メンバーの出番が少ない、とか
あの女の子は誰やねん? とか
ギルモア博士が求心力ないなあ、とか
そもそもどういう陰謀がメインやねん? とか
(それぞれの心の中にある、なんてついていけまへんわ)

サイボーグはどうやって物理的にHすんねん?


という不満も総合的な映画の出来の前にはあまり気になりませんでした。


予告編第一弾も実写とアニメをうまく融合させ
素晴らしく(このスタイルで作っても面白いのでは)。





ところで003は積極的ですなあ。
黒にする必要あんのか?自称高校生相手に。


私的に飛行機の中でその行為に至るのを観たのは
エマニエル夫人(亡くなっちゃいましたねえ)以来です。
スポンサーサイト
22:03  |  002  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。