2012-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.23 (Mon)

いつもの落語会

何ですか、魚が飛び出すの、噛み付くだのと、もう騒々しいったらありゃしない。

こう暑い日はさっぱりと落語でも聞いて過ごしたいとばかりに、
年に2回大阪難波で開かれる落語会に行って来た。
(通算10回目くらい)
あまりテレビには出ない、しかも東京の落語家さんの二人会、
kyoun.jpg 柳家喬太郎  itiba.jpg 柳亭市馬
 
かたや(喬太郎師)新作・古典の雄。
噺のマクラ(導入部)で、客が引こうがおかまいなく、
東宝ゴジラ映画の歴史をしゃべりまくる。

かたや(市馬師)、今もっとも聞きやすい古典の名手の一人。
師匠は昔の「永谷園のあさげ、ゆうげ」のCMでおなじみの柳家小さん、
その師匠が亡くなるや殻を脱ぎ捨て、
噺の中に三橋美智也等の昭和歌謡を歌いまくりウケまくる。

もちろん落語LIVEなので、ご両人の出来不出来もあるし、
うーーんこの噺は何度か聞いたことがあるぞっていうのもあるのだが、
昨日ばかりは市馬師の古典落語は暑い夏の町の情景が背景に醸し出される風情があり、
喬太郎師の新作は、爆笑のマクラ、笑いアリの前半、
ラストはハンカチで目頭を押さえる人もちらほら見られるどんでん返しのお見事の構成。

あ~入場料払って見に来てよかったと満足の帰途だった。

このブログのご覧の方はあんまり落語には興味がない方の方が多いと思うけど、
もし、ちょっと聞いてみようかなって思ったら、
一番気を付けなければならないのは、
「誰の噺を聞くか」っていうこと。

わからなかったら、迷わず僕にお問い合わせください。
スポンサーサイト
19:41  |  001  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。