2012-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.26 (Sat)

レイトショーの独り言 その19

ダーク・シャドウ

オープニングで物語の背景をジョニーデップが日本語でしゃべりだした。
え~ん、吹き替え版に入っちゃったよ~(泣)




月一本の鑑賞ノルマがあるんですが
どうしても谷間の月ってあるんですよね。
そんな時に不思議と救ってくれるのがトム・バートン&ジョニー・デップ。

実は映画観としては全く合わないと思ってるんですが
いつもストーリーだけでこりゃ観なあかん、となります。

で、結論は既鑑賞でこのコンビでは最高!
(言うても首無し騎士と殺人散髪屋だけですが)

下手すると単に吸血鬼のパロディで終わるところをこのコンビ特有の
社会から逸脱したマイノリティの悲しげな存在をベースに
微妙な笑いでこちらを彼らの世界観にグイグイ誘います。
印象ある女優陣も豪華!


エヴァ・グリーン 
キャラ立ち過ぎ。撮影していて楽しかったでしょうな。
必見はバンパイヤと魔女のエッチシーン。
なるほど、過激な愛情です。

クロエちゃん   
モールスで吸血鬼だったお嬢様。今度も怪しげな素振り。

ベラ・ヒースコート 
清楚な感じがして拙者好み、
なのになんか他のキャラに埋没していたのはとても残念。

ミシェル・ファイファー
城の主の老けたオバハン、誰やこれ?と思っていたら
え~??!
ホワットライズビニーズでは見事にノックアウトされたのに
時間って残酷。


でもデップさん、吸血鬼なんで鎖ぐらい引きちぎれよ!と応援したくなるほど
魔女には弱いです。(人間には片っ端から血を吸います)

あっ、元祖吸血鬼もワンカットだけ出演してます。
(気付かんかったけど)
スポンサーサイト
15:18  |  002  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。