2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.08 (Tue)

レイトショーの独り言 その47

エベレスト3D



拙者は自他ともに認める高所恐怖症でして
嫁さんと飛行機に乗る時は
私めの手汗で緊張感がすぐにわかって面白い!と言われてましたが
かれこれ20年くらい一緒に飛行機乗ってへんなあ~


仕事でも
関西→仙台
関西→鹿児島は、迷わず新幹線!

昔は
関西→青森を夜行で逃げたこともあります。


残念ながら
関西→北海道
関西→沖縄は、手段がないので(船も作戦に入れましたがどうしても時間が間に合わない)
年一回づつ飛行機の時にはどうするか思案中。


無駄に終わったのが

①前日できるだけ夜更かしして飛行機の中で爆睡を目指す
→ちょっと揺れただけで目が覚めるので成功したためしがない。

②映画(ウォークマン)をできるだけ大音量で見る
→周りに迷惑なので小音量となり、ちょっと揺れただけでストーリーが飛んでしまう。

成功したためしがない!飛行機だけに。
なんかいい作戦ないですかね?


ということで
3Dの最大の魅力「奥行」を前面に押し出した、高所恐怖症の方には
もってこいの映画が出てきました!


その名もズバリ ザ・ウォーク!



これって実話が元になってまして
世界貿易センタービルの2つのビルの間にロープを渡して、
その間を行き来するという映画なんです。


なんでそんな事すんねん!



映画の内容も


『俺はやるねん』

『どうするねん』

『こうしたらええんちゃうの』

『ほんだらこうしよう』

『いかん!怪我してもうた』

『そんでもやるねん』

『命綱きれそうやん』

『バランスくずすやん』

『落ちたやん!』


あ、間違いました。エベレストの方ですね。


これって実話が元になってまして
当然エベレストを制覇しようとする映画なんです。
なんでそんな事すんねん!


映画の内容も

『俺はやるねん』

『どうするねん』

『こうしたらええんちゃうの』

『ほんだらこうしよう』

『いかん!怪我してもうた』

『そんでもやるねん』

『命綱きれそうやん』

『バランスくずすやん』

『落ちたやん!』

どっかのネタバレに書いてられましたが
あまり出演者に感情移入させない演出をとったそうで
どうも誰が誰やらわからん時があり
今ひとつ物語にのめり込めん感を持ちました。


そうはいっても、登頂するまでの話(参加費7百万円!)
高度に慣れるため現地で何度も練習すること
お昼からの方が天気が悪くなるので早く下山する必要があること
酸素ボンベって噴出口が凍ると意味がなくなること
ヘリコプターって高度7000メートルは行けないこと

などなど興味を引く切り口満載

で、肝心の3D描写ですが

あまり怖くなかったなあ~
充分2Dでも良かったような。

ザ・ウォークに期待です。


スポンサーサイト
23:36  |  002  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015.10.07 (Wed)

レイトショーの独り言 その46

進撃の巨人


原作は全く知りませんので
単なる特撮映画としてのめり込みました。


結構GOOD!


監督 樋口真嗣
特撮 尾上克郎
という平成「日本沈没」コンビ。



私はCGが嫌いでなんというか、あの立体感のなさが気に入らないので
最近のVFXなるものはあまり見たくないのですが
なんとなく見過ごせない感がありました。

数日後NHKの番組で舞台裏を見せてもらいましたが
いわゆる昭和の香りを振りまいて、さらに平成の特撮をブレンドする妙に
映画館で感じたいい意味での違和感が腑に落ちた次第。

2人が関わった「巨神兵東京に現る」のブルーバックスタイルが使われており
着ぐるみ以下の速度感(どんな日本語や?)で見事に巨大さを表現していました。

てことでUSJのアトラクションで闘っていた二人は
あの二人なんですね。ようやくわかりました。

監督が語っていたようにもろ「サンダ対ガイラ」
軍艦島を世界観に合わせて使用した空気が見事にマッチング!


長谷川博己 いいですね~
この人の「地獄でなぜ悪い」大好きなんですが
本当に現実から浮いた感じが滅茶苦茶イイッ!


三浦春馬 ウザイですね~
こういう演出に合わしてるんでしょうが
イチイチ「ウエラァヴァ~、ウグアフグアファ~」て言いながら
壁を落ちていくなっちゅうねん!


石原さとみちゃん 面白いですねえ~
あまり今までのドラマからはかけ離れた役なので
特別出演っぽいと想像するも出ずっぱり。
なんと空を飛ぶんですよ~ (みんなもか)


水原なんとか
存在感ないな~
エンディングはまだまだ続きそうな終わり方なんですが
私としては
「進撃の巨人ビギニング」が観たいです。


なぜ巨人が出現したのか?
普通の人間が巨人に変身するのか?

(ライダーへんしんっ、なんてしないですよ。普通のギャルが
身を痙攣させて巨人になるんですよ。
わー恐ろしや)



巨神兵の時みたいな絶望感丸出しのシャシンになりそう。
20:32  |  002  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.30 (Sun)

しまね2

正直島根訪問のメイン理由が全然ダメだったので(/ω\)
帰りは気持ち的にキツかったんですが
実はもう一箇所訪れたところがありまして



ジャーン!
ベタ踏み坂

ベタ踏み坂


古いって

それでも高所恐怖症の私にとって充分いい感じ。
何のためにこんなに高いねん?(船通るだけにしては)

来年の目的は坂を超えたところの水木ロードだ!
22:38  |  002  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.25 (Tue)

しまね

♪本文途中の画像は、クリックしていただくと拡大されます。


おそらく何もなければ一生行くことはなかった
本州最果ての地。
島根県。

なんつったって今住んでいるところから車で5時間かかるんですよ。

マツコと関ジャニ村上の間で流行っている
日本でスタバが一軒もない県という説。
唯一タメを張れる県が鳥取県しかないという説。

それを調べるほど時間があるわけではないので
ほんまかどうかは不明ですが
少なくとも「餃子の王将」はないし、屋外プールも検索できないし
県民憩いの場がイオン、ってアカンやろ!レベル。
さすがの精神的田舎もんの私もちょっと住むのは
勘弁して、てな気持ち。


そんな島根県に一度は行ってみたいポイントが
実はふたつほどありまして

残念ながら出雲大社ではありません。(/ω\)


一つは松本清張原作の「砂の器」の舞台となった
亀嵩。
厳密に申しますと駅ですな。

もう一つは
Yonkai bandでもお馴染みの角松敏生が唯一映画音楽を
担当した「白い船」の舞台となった
出雲市塩津小学校。


この度、というか本年をまたいで前後3年間島根県に縁が出来まして
(亀嵩は未踏、出雲大社は昨年訪れる)

その「白い船」の主題曲である
Always be with you http://youtu.be/r-XYTyVkTzU
のプロモにも撮影されている塩津小学校へ
曲が発表されて13年後にようやくたどり着く事が出来ました。
イエィ

角松白い船001



当時角松43歳(のハズ)、私今53歳ですから
比較対象になるはずないんですが
ま、おんなじ地に足を入れたという事で
一応写真を。

ここは最果ての地島根のさらに最果てで
まずは車がないと絶対無理!
ここだけを目的に島根県に来る事なんてとてもじゃないですが
出来まへん。
(幹線道路からはそんなにかかりませんでしたが)
正直二度と行く事はないでしょう。(残念)



とここまではだいたい角松ファンなら足を踏み入れておるんでしょうが
次は地元の人以外ではどうかな~

映画でもプロモでも出演?している一畑電車という
超ローカル線。
車両もおそらくどこぞのお下がりを再利用する(私が見たのは
近鉄電車)ぐらいの第三セクターなんですが、
プロモの一部で駅プラットホームにて撮影しているんですね。

ホームが島状(ホームの両側を線路が行き来する、の意)という情報だけを
頼りに駅を一つ一つ調べたんですよ~。

ありましたよ(凄い!)
秋鹿(あいか)町駅ってところで
運転手が降りしなに都度切符を拝見するシステムなので
駅員さんはおりません。
のをいい事にパシャリ!
歌を熱唱しようと思いましたが恥ずかしいので止めました。

角松白い船002


長々と書きましたがおそらく
(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- と言ってくれるのは003さんとアンコールBOYだけかな~

いや、003さんも
そんな曲あったっけ?と平気で仰るパターンに300点!
01:12  |  002  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.14 (Sat)

レイトショーの独り言 その45

ジョーカーゲーム

 息子の相談で某場所へ行くついでに奥方が突然
 帰りに映画行こか?
 と持ちかけたので
 慌ててなんかええのんないかいな~と探したところ
 何もありまへん。

 風船ロボットや十戒もイマイチやし。

 てことで私はどうでもええんですが
 奥方といえばジャニーズ!
 ジャニーズといえば嵐、かつーん!(つづり知らんので)
 かつーんといえば亀梨!

 ありましたがな。
 ジョーカーゲーム。
 てことで買い物も兼ねて近くのイオンシネマへ。


 切符買って入場してから奥方がなにげに

 “STやってるやん!”
 “(V6の)岡田出てるやつ?”
 “そうそう、岡田(将生)クン。こっちがよかったなあ”
 “え~前見たやん”
 “それはSP!”
 “え~亀梨ちゃうの?”
 “私はかつーんやったら中丸クンがイイ”
 “そいつって超特急のヤツ?”
 “それは田中クン!もうやめたの!”
 “え~ジャニーズやったら誰でもええんちゃうん?”
 “あんまり亀梨クンは好きではない”

 とミもフタもないこと仰るのですわ.....



 ジョーカーゲームって第二次大戦中のスパイ活動を主とした小説の映画化で
 もちろん読んだことないので
 何でこの時代を?と思ってますが結構売れてるそうで。


 深キョン共演で脈絡なくチャイナドレスを着飾って
 インパクトをつけているんですが
 全体の感じがルパン三世実写版に似ているので
 ワイルド7実写版の時も申しましたが
 やはりこういう役どころは黒木メイサやんね~!
 深キョンが女を武器にするなんてリアリティないなあ。

 鑑賞後
 “結構面白かったわ”
 “やっぱりこういう役は黒木メイサやで。峰不二子やで。深キョンじゃダメ”
 “え~私は深キョンの方がええわ”
 ここでも夫婦の意見は分かれます。

 “そやけど黒木メイサが出とったら夫婦共演つーこと?”
 “それは赤西!もうかつーんやめたの!”


 ちゃんちゃん
22:49  |  002  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。